2010年01月08日

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
吉田義人チャレンジスピリッツ管理人より新年のご挨拶申し上げます。

昨年は、吉田義人の活動へのご支援、当ブログへ多数アクセス頂きまして心から感謝申し上げます。
毎日、皆さまの魂のこもった応援メッセージ頂き、ありがとうございます。
管理人の承認にてHP上にアップ済みのコメントに関しましては、吉田義人本人がすべて目を通し、ファンの方々の熱いお気持ちを真摯に受けております。

母校・明治大学ラグビー部監督としての学びと気づきの多い、就任一年目。
たくさんのスペシャリストに支えられ、明治大学ラグビー部ホームページのリニューアルを実現しご好評頂いております。
「監督の声」というコンテンツが、今までの吉田義人ブログ内容とリンク致しますし、開幕戦以降、本人もチームに集中したい意向で、しばらく当ページは更新いたしませんでした。

昨年九月からスタートした関東大学対抗戦及び大学選手権、年を跨ぎ、国立競技場での準決勝戦一月二日をもって約4カ月に渡るシーズンの幕を閉じました。

さて、吉田義人の新春の講演のご案内を頂きたく宜しくお願い申し上げます。
詳細は以下です。

日本元気塾セミナー
フジマキ型に学ぶ 特別講義「コミュニケーション学」刊行記念セミナー
〜ビジネスもスポーツも“うまくいかない”には理由がある〜
日本元気塾 その他
日時
2010年01月29日 (金) 19:00〜21:00

講座内容
「なんだかうまくいかない」「なぜか数字が出ない」

力がないわけではないのに、なぜかうまくいかないことが多いとしたら、その原因はあなたの「コミュニケーション力」にあるのかもしれません。

伝える、受け取るといった単なる意思疎通(手段)としてのコミュニケーションではなく、人と人が信頼関係を築くためのコミュニケーション。こうしたコミュニケーションができれば、仕事も人間関係もスムーズにいくのではないでしょうか。

本セミナーは、人を巻き込み、大きな結果を生み出す達人で、日本元気塾「藤巻塾」講師でもある藤巻幸夫氏が「コミュニケーション学」(実業之日本社/1月上旬発売)刊行を記念して、単なる精神論ではなく、具体的にどのように他者とかかわっていくべきかを伝授する2時間講座。

●相手の五感に働きかけるコミュニケーションとは?
●相手の体温をあげる言葉を使おう
●関わる人の肩書きを外し、横並びのコミュニケーションをとる
●余白のある考えで相手を巻き込め!
●仮説という名のボールを相手になげろ!
●世代の壁を突き崩すには、共通点を「探す」のではなく「作り出す」

ゲストスピーカーには「コミュニケーション学」のコラム内に、グレートコミュニケーターとして紹介され、ラグビー元日本代表、世界代表として活躍、日本ラグビー史上最高のウイングと称される、明治大学ラグビー部監督、吉田義人氏をお迎えします。

チームスポーツは、コミュニケーションなしには勝利を手にすることはできません。チームが自発的に前へ進むための現実的な目標の立て方、監督・コーチと選手をつなぐコミュニケーションの工夫には、ビジネスにも通じるヒントが隠れているのではないでしょうか。
吉田氏からは、リーダーが果たすべき役割、勝利を勝ち取るために必要なコミュニケーションについてお話いただき、ビジネスに通じるコミュニケーションスキルを学びます。

http://www.academyhills.com/school/detail/genkiseminar100129.html





posted by 吉田義人 at 15:13| Comment(14) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。