2009年04月15日

長男・侍人誕生のご報告

2009年4月14日午後1時4分 神奈川県愛育病院にて最愛の宝物となった、命名:吉田侍人(よしだらいと)が誕生しました。

妻である亜里のお腹の中でとっても居心地がよかったのか、身長52センチ体重3554グラムの元気な男児です。

臨月から大きな赤ちゃんでお産が心配でしたが、安産で母子ともに健康で何よりでした。

私は立派なわが子の姿を頼もしく思ったのと同時に、「お父さんとお母さんを選んでくれて、そして、元気いっぱいに生まれて来てくれてありがとう」の思いが込み上げてきて感謝感激のあまり産まれた直後には涙してしまいました。

侍人に出会うため、私と妻はこの世に生れ、めぐりあい結ばれたことを再認識できた素晴らしい日になりました。

この世に授かった新しい命と共に、これから始まる家族3人の人生を楽しんで歩んで行きたいと思っています。 侍人、お父さんとお母さんをこれからもどうぞよろしくお願いします。
そして、サポーターの皆さん、新しく誕生した吉田ファミリーをどうぞよろしくお願いいたします。
名前の由来

父、義人の『人』を一文字使いました。
サムライアスリートの父のスピリットを受け継いでほしいとの思いから、
侍=武士魂、日本男児の心意気であります。

また、英語圏ではライトと呼ばれるので、
light〜光輝く、明るい子
right〜正しい、正義や正直の意味(that's light)
といった思いも込めています。

そして、私がラグビーをしてきて一番得意だったプレーがトライをすることでした。
そして、自らの人生においてもtryトライ(挑戦)し続けてきましたのでそのスピリットを受け継いでほしいと思いをこめています。

皆さん、ライトを十回ほど繰り返し唱えてみてください。
隠れ言葉としてトライが聴こえ浮かび上がってきます。


posted by 吉田義人 at 23:50| Comment(24) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。