2008年12月09日

第84回早明戦

2008年12月7日(日)関東大学対抗戦グループ最終戦、早稲田大学VS明治大学の ゲームが国立競技場で行われ22対24でVS早稲田大学から9年ぶりに明治大学が勝利し、 今シーズンの対抗戦リーグが終了しました。

明治大学の今シーズンの戦績はは3勝4敗で、6位となり、24年ぶりに大学選手権出場を逃し、 早稲田大学は5勝2敗の2位となり8年ぶりの2敗を喫して大学選手権に出場することになりました。

僕は、Jスカイスポーツのゲスト解説者として招いて頂いていたこともあり、解説席にてじっくりと 観戦することができました。

試合内容についてはここではあえてコメントは省略させて頂きますが、キックオフ前にロッカールームから 出てくる両チームの選手の面構え(映像)を見て、この一戦にかける、明治大学の選手一人一人の精神(心)の充実振りを伺うことができました。

早稲田大学、明治大学の選手各々のラグビーキャリアを詳細に知っているわけではありませんが、 ラグビーをプレーし始めた年齢を仮に、僕がラグビーをプレーし始めた9歳と考えても選手の実力には大きな差はないはずと思っています。
(高校代表選出や花園出場などの実績は大きな経験となり選手の成長を促すことになると思いますが・・・)

因みに、僕は大学1年生で早明戦に出場することができたので、10年のキャリアを積んで国立競技場でプレーすることが できたことになります。

振り返ってみるとそれまでの10年間は、情熱のある指導者との出会いや、何事も分ち合えた仲間に恵まれ、そして、家族の応援に支えられた素晴らしいラグビー経験を積むことができました。

同じ人間、同じ日本人、同じ大学生(年齢の差は多少あります)が真摯にラグビーに向き合い、基本プレーを体得し、 試合に向けてコンディショニングの調整を行い、一つ一つのプレーにおいて、自分の知を使い、身体と、心に魂を込めて戦うことができれば最終スコアに大きな得点差が開くことがないでしょう。

84回目の早明戦は、まさにそのことを象徴した試合でもあったと思っています。

人間は敗戦することで、悔しい思いをし、実体験をすることで、学び、己の大きな財産とし、誰でもが人としての成長を 促すことができると思いますが、常勝し続けることで常に学びの精神を忘れることがなければ、 個人においても、 チームに おいても未来永劫栄光の地位に君臨することができることになるはずです。

早稲田大学も明治大学も長い歴史を築き上げてきた先人達の「栄光」の伝統を継承することはそれなりの覚悟も必要であります。

◆12月2日(日)明大スポーツ新聞に掲載された吉田義人のインタビュー記事は以下です。◆

 今シーズンの明治のスローガンは「縦横無尽」と聞いたが、部員一人一人に共通認識として言葉の共有ができていたのだろうか。
今シーズンはすべての試合を見たわけではないが、プレーを通じて選手一人一人に確固たる戦う姿勢や、
研ぎ澄まされた精神力の強さなど僕には伝わってこなかった。何だか、相手のレベルに合わせているかの様に見えた。

 明治には、故北島監督(昭4法卒)の「前へ」という絶対的な哲学がある。
歴史的にラグビーのルールは改定されているが、ラグビーの本質は変わっていない。
「前へ」進む事に拘わりを持ち続けて欲しい。

 僕は2004年に現役を引退した直後、横河電機(株)ラグビー部ヘッドコーチに就任し、強化への強い信念を抱き「トップリーグ参入」 という明確な目標を掲げ、チーム全体の目的意識の浸透に努めた。

生半可な練習では到底達成出来ないので志半ばでチームを去って行った者も少なくなかった。
しかし、最後まで諦めない強い心を持った選手の存在が、やがて一人一人へ【自律】を浸透させ、敗北慣れしをていた集団が、 常勝軍団に変貌。年々順位を上げ、僅か4年間でトップリーグ昇格を果たす事が出来た。

 僕は「自立」ではなく「自律」という言葉をよく使う。人は誰しも時に、自分との戦いに迫られる。
自ら努力して、自らを律する精神力の強さが必要になる。ラグビーはスポーツであるが、言わばルールのある喧嘩だと例えられる。
「ルール=“律”」がなければ試合は成立しない。
自分を律する為に先ずは、自己分析し、自分自身を深く認識する事が大事である。
今年は、大学選手権で戦えない現実を深く受け止め、その悔しい経験を種にパワーに変えていくチャンスだ。

早明戦は「明治と早稲田の哲学」の真っ向勝負。
明治のプライドを忘れずに魂を込めて80分間戦う闘志を貫いて欲しい。

◆吉田義人 よしだよしひと 平3政経卒 主将時大学選手権優勝。元ラグビー日本代表、世界選抜選出。





posted by 吉田義人 at 15:39| Comment(9) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。