2008年11月25日

母校・明治大学ラグビー部への想い

これまで敢えて、大学ラグビー界の母校に関するコメントはして来ませんでした。

11月16日(日)関東大学対抗戦の帝京大学VS明治大学のゲームが行われ、最終スコアは39−12で明治大学の敗戦でした。

この結果、今シーズンは2勝4敗となり6位が確定してしまい大学選手権の出場も不可能になってしまいました。
大学選手権に出場できないのは、24季ぶりのことのようです。

 明治大学を応援して頂いてる全国のサポーターの皆様は、近年の明治大学ラグビーの低迷にも関らず、必ずや、明治復活の強い想いを抱きながら、期待を込めて、一戦一戦勝利を願い、心の底から応援して頂いてきたことを僕は確信していますが、その皆様の期待に添えない結果となってしまいました。

故・北島忠治明治大学ラグビー部監督も天国で寂しい思いをしていることだろうと思っています。

対抗戦14回、選手権12回の優勝を誇った明治大学ラグビー部の栄光をもう一度 甦えさせることができることは何なのか、明治大学と、ラグビー部が一丸となって、答えを見出して行くべきであると思っています。

明治大学ラグビー部を応援して頂いている多くのサポーターの皆様からは、1991年に明治大学を卒業し、年月が過ぎた今現在も尚、主将時代の吉田義人への印象を強く残して頂いていると実感する度に、とても嬉しく、又、光栄であると同時に僕への監督就任熱望の多くの声を頂き、とても驚いています。

もちろん、何らかの形で、僕を育ててくれた母校へ恩返しをしたい気持ちは常日頃抱いております。

明治大学ラグビー部には、長い伝統と歴史があり、たくさんのOB,諸先輩方が中心となり今日もラグビー部の活動を支えて来ています。

皆さんからのメッセージを励みに、僕自身も大きく成長していけるように常に足元を見つめて、地に足を付けた活動に精進し、日々努めて行きたいと思っています。

さて、そんな矢先、早明戦でテレビ解説、並びに、明大スポーツ新聞にて取材依頼が来ましたので、そちらも是非チェックしていただけたら幸いです。


J SPORTS ラグビー放送予定
■関東大学対抗戦
12月7日(日)13:50 J sports 1 ※生中継
早稲田大学 vs. 明治大学

明大スポーツ新聞 12月7日 発行






posted by 吉田義人 at 02:17| Comment(52) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。